2017/06/20

階段設置

170620a
階段が取付くと、現場の上下移動がスムーズになり作業も捗ります。

170620b
予め工場で加工した米栂を現場で組み立ててゆきます。

2017/06/17

天井下地

170617
アルミサッシが取付けられ、下地工事が始まりました。天井は高さがとれるように屋根なりに斜めに下地を組んでゆきます。

2017/06/09

庭木の眺め

170609a
外構工事が完了し住まいの完成となりました。

170609b
キッチンからは、心地よい庭木の眺め。庭と建物がいい感じに繋がりました。

170609c

2017/05/24

開口部

170524a
外壁の構造用合板が張り終わり、建物のボリュームが見えてきました。公園に向けての心地よい開口部となりそうです。

170524b
住まいの真ん中に設けたテラスに面した開口部からも光と風が期待できそうです。

2017/05/22

お引渡し

170522a

外構工事は引き続きの作業となりますが、中延の家のお引渡しとなりました。

170522b
既存の庭木をなるべく生かし、無垢板、珪藻土、和紙などの自然素材の心地よい住まいとなりました。

170522c

2017/05/20

6月のオープンハウス+住まいの相談会

これから家を建てようと思っている方のほとんどが「何からどのよに始めたらいいのか、、、」という疑問をお持ちだろうと思います。建替えや新築・リノベーション、店舗の相談やコスト、構造、自然素材のこと耐震など、気軽に相談できる場を設けています。建築家と一緒に住まいのこと考えてみませんか。

140910
「中延の家」は、私たちの住まい+アトリエです。都心の狭小密集地に、如何に広がりを持たせ心地よい居場所がつくれるかがテーマです。光の入り方や風の流れ、無垢板や珪藻土、和紙など自然素材も実際に体感して頂ければと思います。住まいの相談と共に、実際に住んでいる住まいを体験できるイベントです。

■日時:2017年6月10・11(土日)11:00~16:00(要予約)

■住所:東京都品川区
■交通:東急池上線【荏原中延】駅より徒歩5~6分
■概要 木造3階建て
    敷地面積 52.70㎡(15坪)
    延床面積 83.50㎡(25坪)
■申込先:光風舎info@koufusha.com TEL-03-6677-7370
参加を希望される方は上記連絡先まで氏名、連絡先、参加人数、希望日時をお知らせの上、お連絡下さいませ。折り返し返信いたします。

2017/05/16

「中延の家」オープンハウスのお知らせ

~自然素材が心地よい住まい~

オープンハウス(完成見学会)のお知らせです。

自然素材が心地よい、4人家族のための木造2階建て(準耐火建築物)の住まいです。品川区住宅耐震化促進協議会主催による住宅相談を切っ掛けに計画された住まいです。品川区地元の設計事務所が設計をおこない、地元の工務店が工事を施工しました。光や風の取り入れ方、無垢材の杉板、珪藻土、和紙など自然素材も体感して頂ければと思います。

170521
工事の経過については、光風舎HP内の「現場レポート」に掲載しています。こちらも併せてご覧下さい。http://www.koufusha.com/projects/n5mh/index.html

■ 開 催 日 : 2017年5月20日(土)13:00~16:00                     
■ 場  所 : 東京都品川区
■ 交  通 : 東急大井町線「荏原町」駅より徒歩約3分
■ 構造規模 : 木造軸組み工法。2階建て、準耐火建築物
■ 敷地面積 : 132.75㎡(40.15坪)
■ 建築面積 : 46.37㎡( 14.02坪)
■ 延べ面積 : 86.11㎡(26.04坪)
■ 設  計 : 光風舎1級建築士事務所
■ 施  工 : 勝栄工務店
■ 申 込 先 : info@koufusha.com
   氏名・連絡先・参加人数・希望日時をお知らせください。
   折り返し住所をお知らせいたします

2017/05/10

外構基礎

170510a
敷地の境界と道路との間に塀をつくるため、基礎工事が始まりました。高さのない塀でも基礎工事は大切なのです。

170510c
室内では、仕上げ工事や設備機器の取付けが行われ完成まであと少しです。

170510b
職人さん自作の道具入れ。面白いですね。

2017/05/05

無之以為用

170505a
連休とあって賑わう益子、お気に入りを探しに陶器市に行ってきました。所狭しと並ぶ沢山の露店、数多くの中から選ぶのは至難の業。

170505b
やはり量産品とは違い、作家による一点ものはそれぞれ個性があって面白い。「無之以為用」とは老子の言葉。土をこね器をつくるとき、器の中は空になっている。この空の部分があり器は成り立つ。中がつまっていたら何の役にも立たない。無用な部分こそ大切なのだと。

170505c
たかが器されど器、人の想像力と手からあらゆるデザインが生み出されてゆく。どこか住まいの設計と似ているのかもしれないですね。

2017/05/02

中間検査

170502a
検査機関による中間検査です。

170502b
建物と敷地、道路との距離、防蟻材の確認、建築金物の種類や固定方法など一つ一つチェックしてゆきます。

170502c
構造は住まいの要、大切な部分なのです。

2017/04/27

「西品川の家」

homifyという住まい関係サイトに「西品川の家」が掲載されました。

「西品川の家」↓
シンボルツリーのある中庭を囲む二世帯住宅

170427

2017/04/26

上棟式

170426a
棟梁が棟木に幣串(へいぐし)を立て、建物の四隅の柱に水・塩・米・酒をまき建物を清め、上棟式です。子供も興味津々です。

170426b
建物の基礎が出来上がるまでは、地面下の工事で養生等も多くなかなか工事が進んで無いように思われがちですが、上棟後は目に見える形で工事が進んでゆくのです。

2017/04/25

中延の家の小さなリフォーム その2

中延の家も竣工して6年ほど経ち、3階リビングの壁も別のものに張り替えてみました。今回はロクタ紙というネパールの和紙。厚手で丈夫、もしめくれてきても和紙なので、やまと糊で自分で修復もできます。キッチンまわりの壁は機能的重視で東リの珪藻土クロスにしました。汚れ、水に強くクロス屋さんお薦めのものです。

170425
ロクタ紙は昼の光では真っ白に感じますが、夜照明のもとでは陰影がでてまた違った雰囲気になります。自然なおもしろい質感を楽しめます。

2017/04/21

古川町商店街



ぐじ、はも、ふきとじゃこの炊いたん、かやくご飯、デビッド・ボウイが愛した京都。






2017/04/20

kg

京都市内のギャラリーや町家など約60箇所、同時多発に開催されている国際的なフォトフェスティバル「京都グラフィー」
http://www.kyotographie.jp/
普段は入れない所も会場となっている。







伝統的な京町家@無名舎






カオスな京大の学生寮@吉田寮

«「大森の家」「西久保の家」

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ