2019/01/15

まちいえスクールVol.08

190115


家族構成や年齢、年収、住宅ローンを組む状況は皆様々なのにテレビや雑誌で言われている一般的なことが自分にも当てはまると思っていませんか?
お金にまつわることって人に聞けないし、聞かれても正直には話しづらい話題ですよね。お金の話って「一般的には」という曖昧な聞き方をするから、曖昧な回答しか返ってこない。

重要なことは、自分達にとってどうなのか!まずは正しい住宅ローンの返し方を知ることから始めませんか?返し方を知れば、借り方も自ずとと見えてくる!人に聞けないお金の話を是非この機会に聞きに来て下さい。

2月まちいえスクールは、建築家との家づくり専門のコンサル事務所を迎え、返し方から考える正しい住宅ローンの借り方をテーマに事例を通して分かりやすくお話します。


ーコンサルティング事務所ー

沖野大輔(style is)https://styleis.jimdo.com

ー参加建築家ー

杉浦充(充総合計画一級建築士事務所)http://www.jyuarchitect.com

佐々木善樹(佐々木善樹建築研究室) https://sasstyle.com

吉原健一 (光風舎一級建築士事務所) http://www.koufusha.com

費 用:500円(お茶代)

申 込:下記までお名前参加人数ご連絡先を明記の上お申込み下さい

E-mail. info@koufusha.com

T e l. 03-6677-7370

2019/01/10

フルリノベーション

明けましておめでとうございます。

190110a

今年初の現場は、フルリノベーションの解体工事です。
この計画は、既存建物を柱梁のみ残しプランを変更し減築するという大掛かりなリノベーションとなります。

190110c

先ずは、構造図面を元に再利用できる柱梁、構造補強しなかればいけない箇所などチェックしてゆきます。リノベーションは解体してみないことには分からない部分が多いのですが、現場で施工会社や構造事務と検討を繰り返し一つ一つ問題を乗り越えてゆきます。

190110b

2018/12/30

瀬戸内の穏やかな海

光風舎は12/31~1/3までお正月休みとなります。

181230a

年末です、1年を振り帰る季節となりました。
今年は九州の仕事があり、充実した1年となりました。現場は遠くて大変だったのですが、行きは飛行機で、現場だけで日帰りは空しいので帰りには新幹線を途中下車し、普段行くことの無いいろんな場所を旅をしたのでした。

181230b

中でも瀬戸内の穏やかな海に浮かぶ島々の風景が気に入り、尾道、しまなみ海道、牛窓、竹原、犬島と随分まわりました。

181230c
181230d

風待ち潮待ちの町、御手洗は「重要伝統的建造物群保存地区」に指定され、江戸から明治、大正昭和初期の建物がそのまま使われいい感じに残っていました。

181230e

尾道は、若い移住者が増えカフェやゲストハウスなど空き家などをリノベしたDIYの面白い店が数多くあり、水に浮かぶ厳島神社は壮麗なのでした。

181230f_2

遠くの現場が無いことには見ることが出来ない、建築巡りの機会となったのでした。

2018/12/24

完成まで3か月

どうしても年内に引っ越しがしたいというご要望で、設計から完成まで3か月、良くココまでできました。既存住宅のリノベーション工事、連日の施主・施工・設計の連携のタマモノです。

181224a

玄関回り。床はウォールナット。

181224b

収納カウンターを設け。壁にはニッチ。

181224c

壁一面の壁面収納と全開できるフレキシブルな建具。

181224d

ロフトは、スノコ床を設置。

181224e

壁面に作業コーナー、趣味の書籍やCDが並びます。

2018/12/18

投げ込みヒーター

181218a

現場はいよいよ大詰め、ベランダの組み立てが始まりました。耐腐朽性の良いハードウッドのセランガンバツとしています。

181218b

サッシも納品されました。今回はリノベーションなので既存サッシ枠を生かしたカバー工法での工事です。

181218c

そして冬の現場、風物詩。投げ込みヒーターでホットコーヒーです。

2018/12/17

リノベーションの解体工事

鎌倉srの解体工事が始まりました。

014
既存の構造壁も利用しながら設計してゆきます。

2018/12/14

年内完成を目指し

181214a_2
田園調布のリノベーション工事、年内完成を目指し現場は急ピッチで進んでいます。
壁の左官仕上げを行うための下地工事です。仕上げは珪藻土となります。
181214b

施主希望のデスク周りの書籍CD棚も取り付きました。
181214c

ロフトの補修工事はほぼ完了です。

2018/11/15

中津mh引渡し

設計から工事完成まで約1年、お引き渡しとなりました。

181115a

格子や漆喰、瓦など中津の町並みの意匠を取り入れデザインした外観。

181115b

年月を経た、柱や梁、建具、欄間、提灯など住まいの歴史を感じられ迫力あります。

181115c
181115d
181115e

2018/10/26

『ウッドデザイン賞2018』受賞!

新木場で現在進行中の「海床プロジェクト」が、木で暮らしと社会を豊かにするモノ・コトを表彰する『ウッドデザイン賞2018』を受賞しました。


貯木場を舞台に、木材屋さんたちと「木のまち新木場」の魅力を発信する様々な活動を行っています。

181026a

先ずは、貯木場に神楽を奉納。

181026b

イカダの上での茶会です。

181026c

アート作品が貯木場に浮かびます。

181026d

木のファッションショー。木の素材を使っての洋服です。

181026e

木材屋さんの倉庫にステージをつくり、迫力満点ファイヤーダンス!!

181221

2018/10/22

「直して住む」住宅展~ 同時展示「住まいの記憶」写真 ~

181022

2018年11月1日(木)~ 4日(日)
 
□家全体を直すフルリノベーションから、部位や耐震など「直して住む」これからの住まいのヒントを展示します。
□期間内は耐震診断士や住宅医など、豊富な知識と経験のあるNPO法人「家づくりの会」の建築家メンバーが住まいのご相談をお受けします。(無料です)
□最終日の16:00~「クロージング座談会」と題して、リノベーション裏事情の話が出てくるかも。
[参加メンバー および 会場在席日(予定)]
11月1日(木曜日)12:00~18:00 : 伊澤 淳子 ・ 丹羽  修
11月2日(金曜日)10:00~14:00 : 吉原 健一 ・ 杉浦  充 ・ 菊池 邦子 
          14:00~18:00 : 吉原 健一 ・ 杉浦  充
11月3日(土曜日)10:00~14:00 : 工藤 夕佳 ・ 赤沼  修 ・ 杉浦  充
          14:00~18:00 : 工藤 夕佳 ・ 赤沼  修
11月4日(日曜日)10:00~16:00 : 吉原 健一 ・ 赤沼  修 ・ 伊澤 淳子
          16:00~18:00 : 吉原・ 赤沼・ 伊澤・ 菊池・ 杉浦・ 丹羽  
■ 会 期 : 2018年11月1日(木)~ 4日(日)
         10:00~18:00(初日は12:00~)
■ 会 場 : 貸ギャラリー ハッコウしゃ(入場無料!)東京都目黒区中根2-13-17
■ 交 通 : 東急東横線都立大学駅徒歩2分※改札を右に出て、右折しまっすぐ。左側にあります。
■ 主 催 : NPO法人家づくりの会ーリノベーション窓口 info@npo-iezukurinokai.jp

2018/10/20

「まちいえスクール Vol,05」

11月のテーマは『 記憶をつなぐ住まい 』
建替えやリノベする理由は、ライフスタイルの変化、住み慣れた家に愛着がある、古い建具や古材を再利用したい 土地からの購入は難しい、少しでもコストを抑えたいなど様々です。
都心の両親の家を建替えし2世帯住宅に、空き家を再生しリノベーション、町なみを考慮した事例など、建替えリノベーションの可能性や工夫、アイデアついてお話をします。
これから家を建てようと思っている方のほとんどが「何からどのよに始めたらいいのか、、、」という疑問をお持ちだろうと思います。建替えや新築・リフォーム、プランの相談やコスト、自然素材のこと耐震相談など、気軽に相談できる場を設けています。建築家と一緒に住まいのこと考えてみませんか。

光風舎は、私たちの自邸兼アトリエです。都心の狭小密集地に、如何に広がりを持たせ心地よい居場所がつくれるかがテーマです。光の入り方や風の流れ、無垢板や珪藻土、和紙など自然素材も実際に体感して頂ければと思います。相談会と共に、実際に住んでいる住まいを体験できます。
どうぞお気軽にお申し込みください。

181020e

■ 開催日 : 11月3日(土) 14:00~16:00
■ 会 場 :  東京都品川区西中延2-4-2 「光風舎一級建築士事務所」
         (東急池上線「荏原中延」徒歩5分)
■ 参加建築家 : 吉原健一 (光風舎一級建築士事務所) 
              佐々木善樹 (佐々木善樹建築研究室)
            杉浦充 (充総合計画一級建築士事所)                    
■ 費 用 :   500円(お茶代)
■ お申込み : 参加ご希望の方は コチラ  
         info@koufusha.com または Tel. 03-6677-7370 へお申込みください。
■ 主  催 :  まちいえ東京(NPO法人 家づくりの会)

完了検査

181020a

中津mhの完了検査が行われました。敷地から建物の距離や高さなどを検査員が確認し、特に問題なく無事終了です。工事も最後の追い込みです。玄関には昔の家の土間に飾ってあった大きな提灯や庭石を再利用しています。

181020b

外観は、中津の伝統的な町並みに溶け込むよう、漆喰や格子、ばったり床几で構成しています。

181020c
キッチンの最終仕上げを、職人さんたちと相談中です。

181020d

ロフトの壁には、施主のおじいさんが和紙に描いた下絵を施主と一緒に貼り、家の記憶を引き継ぎます。

2018/10/02

完成お引き渡し

豊町shの工事が滞り無く完了し、お引き渡しとなりました。

181002a

181002b

キッチンやお風呂、洗面など住宅設備関係の取扱い説明です。一軒の家となると取扱説明書だけでもA4ファイル一冊分となるので、使い慣れるまでは暫くかかります。

181002c

そして工事用のカギを破棄し、鍵の引渡し、新しい生活のスタートです。計画から工事完成まで約1年間ありがとうございました。

2018/09/29

古いものを生かしつつ

中津mh現場は、大工工事が一段落し仕上げ工事が始まりました。

180929a

庭にあった石を玄関の踏み石として据え付けました。

18092b

古い建具は、補修し高さを高くし和紙をアクリワーロンに取り替え使用します。

18092c

キッチンは、畳の下にあった松の板で製作中です。一枚一枚板の表情が違い、新しい素材では出せない味わい深い仕上げとなっています。

18092d

倉庫にあった和紙も壁の一部に貼り再利用。古いのもを生かしつつ仕上げ工事が進んでいます。

2018/09/19

1年点検

180919a

鎌田thの1年点検にお伺いしました。この住まいの前には公園があり、心地よい風が建物を通り抜けてゆきます。夏には駐車場にビニルプールを出し、子供たちが大喜びだったとの事。

180919b

玄関土間には、趣味の自転車スペース。

180919d

子供スペースは、無垢の杉板。杉は柔らかく裸足でも心地よい素材です。

180919c

キッチンもお皿や調理器具が使いやすく収まり、上手に使われています。特に問題なく、気持ちよく暮らしていますとのお話を伺え一安心。

«完了検査

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ