2019/11/15

ちょっとした隙間

道路側から住まいへの視線を遮り、光と風を通すための木塀の基礎の施工が始まりました。
191115a
この住まいは1階にリビングあり、大きなテラス窓を開けるとデッキテラスと繋がる計画としています。住まいと道路のちょっとした隙間も工夫次第で楽しい場が生まれるのです。

2019/11/14

11月のオープンハウス+住まい相談

これから家を建てようと思っている方のほとんどが「何からどのよに始めたらいいのか」という疑問をお持ちだろうと思います。建替えや新築、リフォーム、プランの相談やコスト、自然素材や耐震相談など、気軽に相談できる場を設けています。建築家と一緒に自分らしい家を考えてみませんか。

190920
「中延の家」は、私たちの自邸兼アトリエです。都心の狭小密集地に、如何に広がりを持たせ心地よい居場所がつくれるかがテーマです。光の入り方や風の流れ、無垢板や珪藻土、和紙など自然素材も実際に体感して頂ければと思います。住まい相談と共に、実際に住んでいる住まいを体験できます。

■日時:11月16~30日  10:00~17:00(予約制)
■住所:東京都品川区西中延2-4-2
■交通:東急池上線【荏原中延】駅より徒歩5~6分
■概要 木造3階建て
    敷地面積 52.70㎡(15坪)
    延床面積 83.50㎡(25坪)
■申込先:光風舎info@koufusha.com TEL-03-6677-7370
参加を希望される方は上記連絡先まで氏名、希望日時、参加人数について御連絡下さい。

2019/11/11

キッチンやユーティリティーなどの家事動線について

住宅の設計で家事をするための人の動き、家事動線は大切なことのひとつです。

住まわれる家族の人数や構成、床面積やまわりの環境などによってその家ごとに、家事動線のとり方はかわっていきます。

こちらは、キッチン、浴室、洗面・脱衣、洗濯ユーティリティー、物干し場を近くにすることで、ストレスの少ない動きにしています。

01_20191111201501

Ksr01

リビングダイニングからキッチン方向。

Ksr02

キッチンカウンター両側から隣接するユーティリティーへ引戸を開けると

Ksr03

どちらからも入れるのでぐるっとひとまわりできます。

Ksr04

洗面・脱衣スペースと洗濯ユーティリティーを仕切らずに広くて明るい同じ空間としてつくっています。

人工大理石の広い洗面カウンターに並んで洗濯機があり、その先の引戸を開けると外のサービスヤードにある物干し場とつながっていて、洗濯物をすぐに干せるようにしています。

右側のカウンター収納はタオルなど浴室、洗面で使うものが収納されています。

Ksr06

既製品のバスケットなどで機能的ですがおしゃれに収納されています。

Ksr07

カウンターの穴はゴミ入れとし扉の中にゴミ箱が入ります。

Ksr05

障子の内窓を開けるとキッチンとユーティリティーがつながります。お互い見えるだけでなく、空気が流れるので湿気がこもらないようになっています。

Ksr08

洗面・脱衣は浴室とつながっています。脱いだ衣類はカゴに入れ、その後カゴは洗濯機の横のカゴ置場に置かれます。

Ksr09

サービスヤードの洗濯物干し場は、木製のフェンスをつくり、庭からは見えないようにしています。

Ksr10

必要なものがすぐに手に取れるように収納をつくること、

家事の動きをできるだけ短くすること、

動線が行き止まりにならないようにぐるっとまわれるようにしたこと

がこの家の家事動線の特徴です。

 

2019/11/06

布団干し

191105a 

鶴ヶ峰の現場では、足場の解体が始まり外観の様子が見えてきました。緊張の一瞬ですね。足場が外れる前に2階の窓の下には、ステンレスのバーを取付けているところです。
191106b 

これで晴れた日の布団干しもばっちりです。


2019/10/30

住まいのリノベーション展

~事例写真展&無料相談~

リノベーションの経験も豊富なメンバーが改修か建替かも視野に、総合的に判断してアドバイスいたします。
今の住まいのさまざまな悩みや問題を具体的にどこに相談したらよいのか判らない、そんな方々も是非お立ち寄りください。


191030


下記日程でリノベーション窓口メンバーが無料相談をお受けします。

10月31日(木) 11:00~14:00 古川 泰司/アトリエフルカワ一級建築士事務所
11月01日(金) 11:00~14:00 落合 雄二/U設計室
17:00~20:00 伊澤 淳子/一級建築士事務所伊澤計画
11月02日(土) 14:00~17:00 工藤 夕佳/mokki設計室一級建築士事務所
11月03日(日) 14:00~17:00 福田 隆一/福田建築設計事務所
11月07日(木) 11:00~14:00 杉浦 充/充総合計画一級建築事務所
11月08日(金) 11:00~14:00 田中 ナオミ/田中ナオミ アトリエ
17:00~20:00 丹羽 修/NLデザイン設計室
11月09日(土) 14:00~17:00 赤沼 修/赤沼修設計事務所
11月11日(月) 11:00~14:00 吉原 健一/光風舎一級建築士事務所
11月12日(火) 11:00~14:00 伊澤 淳子/一級建築士事務所伊澤計画

■会  期 : 2019年10月31日(木)~11月12日(火) ※11/04(祝)、11/06(水)は休館日
■会  場 : 家づくりギャラリー(東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号)
■詳しくは : NPO法人家づくりの会

2019/10/25

最高の自慢の家

Houzzという住まいのサイトに建て主さんより、嬉しいレビューを頂きました。

レビューより↓

 

様々なわがままも取り入れてくださり、私たちの趣味や生活スタイルに合わせた設計を提案してくださいました。
常にどこからか光が入り通り抜ける風も優しく、木の温かみが感じられ、家の中で過ごす時間が最高に幸せです。
敷地が狭小で心配がありましたが、家の中の空間は明るく広々としていて狭小であることを忘れます。特にリビングと一体化したキッチンは開放的なレストランの厨房ような雰囲気で、日常の料理すら特別な時間になり会話も弾みます。

我が家を一度訪れたお客さんは必ず二度三度と遊びにやってきます。
最高の自慢の家です。
ありがとうございました!

191025
こちらこそありがとうございました!楽みながら生活されている様子が伺えこちらも嬉しく、設計者冥利に尽きます。

設計事務所との家づくりは、限られた敷地条件やコストの中で、そこに住まう人とアイデアを出し合い、生活スタイルや想いを大切に本当に自由な家づくりが出来ることだと思います。自分たちらしい夢のある家づくり、それは買うものではなく創ってゆくものなのです。

2019/10/15

積算資料リフォーム編2020

編集協力した「積算資料ポケット版 リフォーム編2020」が経済調査会より発売されました。


191015b


早速、掲載本を建て主さんにお届に行ってきました。
引渡しの時は何もなかった現場は、引っ越しが一段落し、家具の配置や好きな居場所も決まりだし、少しずつそこに住まわれる家族らしい家となってきて一安心です。


191015c

2019/10/12

柿の木坂の家 小さなワンちゃんたちとの暮らしを訪ねてきました

リノベーションの設計をさせていただいた柿の木坂の家に、お引越し後、訪ねさせていただきました。

竣工時は何もなかったリビングにはソファや家具が置かれ、デスクにも本や書類が入り、暮らしの様子が感じられました。

01_20191012131101

02_20191012131301

03_20191012131301

ソファは建て主さんが合うものを選んでくださいました。

床のカバザクラフローリングの色合いと合うナチュラルな感じですてきです。

04_20191012131301

置かれている家具は、お仕事で海外滞在経験のある建て主さんが、赴任された国でもとめられたものです。

重厚感のある木の質感が、壁の珪藻土とよく合います。

08_20191012131301

こちらはご主人様用のデスクです。庭の木の緑を眺めながら本を読んだり過ごせます。

06_20191012131301

こちらは奥様用のデスクです。オープンな可動棚ですが、ファイルボックスを同じ種類に揃えてきれいに整理していらっしゃいました。

こちらでお仕事をされています。デスクと反対の棚にも可動棚があります。

07_20191012131301

リビングからキッチンとダイニングとの間にはリノベーション前の既存建物の床の段差があるため、階段があります。

09_20191012131301

階段と壁の間にはワンちゃんたちのケージが、階段の横にはワンちゃん用のかわいい階段がおかれていました。

そして壁には海外でつくられた家具が置かれています。木の細工がとても凝ったものですね。

10_20191012131301 11_20191012131301

ダイニングもテーブルや照明が入ると落ち着きますね。

12_20191012131301

キッチンは家具の造作工事としてオリジナルのものをつくっています。

カウンターは1ミリ厚のヘアライン仕上げのステンレス、奥行は90㎝あり、両側から使えるアイランドタイプのキッチンです。

リビングに面した側面は、シナ合板の板でつくられています。床のカバザクラとも合う色合いです。

13_20191012131401 

造作キッチンのよいところは、自由に好きなものがつくれるところです。

水洗金物、シンク、IHコンロ、食器洗い洗浄乾燥機、レンジフード、引出しの形や大きさなどなど。

毎日必ず使い、長い期間使うものですし、また使う人によってこだわるところがかなり違います。

メーカーのキッチンも含めてどのようにつくっていくとよいか、全体の工事費などともあわせて検討していくとよいと思います。

こちらのお家にはかわいい子たちが2匹います。

15

2階のリビング、ダイニングを元気に遊んでいました。

小型犬なので運動するには十分な広さのようです。

16_20191012131401

ちょこんと座ってニコっと笑顔。

2匹とも新しいお家に馴染んでくれているようでよかったです!

建て主さんご家族とともに穏やかに健やかに過ごしてもらえたらよいなあ と思いました。

2019/10/08

中庭にある猫のための小さなキャットウォーク

「自然素材の住まい展」を開催させていただいた西品川THTギャラリーは、以前設計をさせていただいた2世帯住宅。

中庭があることでプライバシーを守りながら光と風を取り入れています。

01_20191008152101

012

04_20191008164401

中庭には猫ちゃん専用の外部のキャットウォークがあります。

気候のよい時は日がな一日過ごしているそう。

132

猫ちゃんの一日の暮らしを教えていただきました。

いつも2階のリビング、中庭キャットウォーク、時々ギャラリー階段などで過ごしているそう。

2階リビングは

06_20191008164401

07_20191008164401

左側のキャットウォークから外へ出ます。

13歳になるおっとりした優しい男の子です。

08_20191008164501

入口の床にハワイ製のココマットがあります。爪とぎにも足の汚れを落とすものとしてもよいそうです。お気に入りだそう。

09_20191008164501

ファイバーグレーチングの床のままでは歩けないので板を敷いてあげて、その上をゆっくり歩いていきます。

10_20191008164501

後ろ姿がなんともかわいい。モデルさんとなって撮影に協力してくれています。

11_20191008164501

もう一か所の入口まで行って開けてもらうのをじっと待っています。ここから歩いている人や他所の猫や木にとまる鳥を眺めたり、風に吹かれたり、ひなたぼっこをして過ごしています。時々下の中庭にも遊びにいきますが、道路に出ることもなくとてもおりこうな子です。

外のキャットウォークでブラッシングをするそうです。お手入れするのにはとても便利だそうです。

12_20191008164401

もう一か所の戸を開けてあげると

13

展示会終了後、ギャラリーに遊びにきてくれました。

スケルトンの階段ですが、ちゃんと降りてきてくれます。

17

18

階段はよい運動にもなりそうです。

19

いつもと違うギャラリーの様子をゆっくり上から見まわして、また2階のお部屋に戻っていきました。

建主さんの愛情をいっぱいうけてのんびりと暮らしていました。時間がゆっくり動いているようでとても癒されました。

 

西品川THTギャラリーで展示会を開催しました。

先日 西品川のTHTギャラリーにて「自然素材の住まい展」を開催いたしました。

お越しいただきました皆様 有難うございました!

THTギャラリーは以前光風舎で設計をさせていただいた、2世帯で住まわれる住宅、西品川shの中にあるギャラリーです。

道路に面した大きなガラス戸から展示の様子がよく見えるようになっています。

01_20191008152101

02_20191008152101

この住宅は2世帯、大人と猫1匹の住まい。中庭をつくることで、お互いのプライバシーを大切にしながら、光と風が入りこむように設計しています。

012

 ギャラリーは天井高さも高く、真っ白い和紙のクロスの壁で仕上げています。

03_20191008152101

04_20191008152101

05_20191008152101

ハイサイドライトから光が落ちて明るく反射します。

06_20191008152101

191006nsh-15

通りがかりのご近所の方も沢山いらしていたので、地域の方のいろいろな活動のスペースとして使われてくいくとよいなあ と思いました。

 

 

 

2019/10/03

つくばの家 子供部屋

つくばの家の子供スペースのリノベーション。新築時まだ小さかったので1室としていました。

01_20191003224501

2室に分けられるように出入り口は2か所、窓やコンセント、照明もそれぞれにあります。

本や色々な物がいれられる、奥行30㎝の可動棚をそれぞれにつくり仕切ることにしました。

02_20191003224601

棚の背面にはマグネット塗装とし、子供たちがそれぞれ好きな色としました。棚はシナ合板でできています。

03_20191003224601 

早速かわいいマグネットがついていました。

お隣の部屋は、マグネット塗装とホワイトボードのシートを貼りました。

04_20191003224601

壁全体がホワイトボードなので、ペンで思い切り好きな絵が描けます。

つながっていたロフトはボードで仕切り、梁の上はシナ合板の建具の吊り引戸としました。

05_20191003224601

片側に寄せると風も通ります。夜眠る時は、明かりが隣の部屋にもれないように戸を閉めます。吊り戸なので地震などのときも安心です。

06_20191003224601

竣工して8年。キッチンの木の壁には家族の記念や作品が貼られたり、すっかり馴染んでいます。

07_20191003224601

階段の本棚にも家族みんなのいろんな本がいっぱい。

子供の頃から本に自然と触れるのはよいことですよね。

08_20191003224601

庭もすっかり木々も成長し芝もよい感じに。縁側の近くにある木は、どんぐりを植えたらすくすくと成長したのだそうです。

トトロのようですね。

縁側や格子の塗装も時々塗ってくださったり、楽しみながら暮らしていらっしゃる様子が伝わってきました。

 

 

 

 

2019/10/01

戸越公園パン屋 練粉屋-ネコヤ

光風舎のある品川区中延周辺は、昔ながらの商店街が沢山あって、古くからある八百屋さん魚屋さんと若い人が店主のお洒落だけど気さくなお店が混在している、暮らしやすくて素敵な街です。素敵だなあ、美味しいなあ、居心地よいなあというお店や公園や銭湯などなどご紹介します。

☆戸越公園パン屋 練粉屋-ネコヤさん 

練粉屋さんFB

01_20191001151901

カフェのような感じ。

テラスでも店内でも食べれます。

01_20191001151902

お店に入ると焼きたてのよい香りが。バインミーやフォカッチャ、クロワッサンにフランス小麦のバゲット、猫のパンや大きな丸いパン、などなど、いろんなタイプのパンが並んでいます。

私は特にバインミーと季節ごとに具材が違うフォカッチャは大好きです。

イートインのテーブルには地元のいろんな人たち、ご高齢の方や若いママさん、猫や犬好きの方たちが集まっています。

明るい店長さんとのおしゃべりは楽しくて、初めての人ともすぐに会話に入れたり、店長さんのお人柄のよさに皆惹かれて集まっているのだなあと思います。

この日はグラフィックデザイナーの方が お仕事をされてました。居心地のよい空間なので、クリエイティブな人たちもここでよいものが生まれそう。

02_20191001152201

月に一度、ナイトベーカリー というイベントがあります。店内で落語の寄席やジャズコンサートなどおこなわれます。

先日は落語の三遊亭ときん師匠のお話しの会に参加しました。久々の落語でしたが、すごくおもしろくて大笑いしながら、その後師匠との座談会も盛り上がって楽しいイベントでした。寄席にも行ってみたいなあと思いました。

三遊亭ときん師匠のFB

パン屋さんでもありながら、保護猫活動もされていて、猫の譲渡会も時々開かれています。

パン屋さんは朝早くからの仕事でそれだけでも大変なのに保護猫ちゃんたちのお世話もされています。猫好きの方だけでなくワンコのお散歩がてら立ち寄られる方も多くて、動物を愛するひとたちにとっても憩いの場所になっているようです。

01_20191001151903

いろんな情報看板、そしてかわいい看板も。

02_20191001152001

近所には戸越公園、文庫の森公園などゆったりできる公園があるので、パンを買ってランチするのも気持ちよいですね。

 

2019/09/29

自然素材の住宅展

190929
2019/10.5(土)6(日)open11:00~18:00

場所:大崎THTギャラリー
品川区西品川3-13-7
osaki-tht.skr.jp

光と風、自然素材の心地よい住まいのパネル展示をおこないます。

建替えやリノベーションなどのご相談もお気軽にお声掛けください。

大崎THTギャラリーは、光風舎で設計した住まいにある小さなギャラリーです。

お問合せ:光風舎一級建築士事務所
tel03-6677-7370
info@koufusha.com
www.koufusha.com

2019/09/27

撮影立ち合い

竣工写真の撮影立ち合いです。この住まいは既存建物の骨組みだけを残した全面リノベーションです。


190926a

外観は鎌倉の落ち着いた町なみに溶け込むよう、元の建物のボリュームを小さくし、方形屋根につくり替えています。門扉は木戸に、また幅の違う木を取り付けたリズミカルな木塀としました。


190926b


室内は、木や珪藻土、和紙など自然素材を使用した心地よい空間となっています。今回は引っ越されてからの撮影となりました。とても楽しみながら暮らされていて、部屋の設えも素敵で、撮影ポイントもいくつもあったのでした。




* 2019/9/28・29(土日)オープンハウス+住まいの相談


* 2019/10/5・6(土日)自然素材の住まい展@大崎THTギャラリー

2019/09/25

木塀のピッチ

190925a

現場では断熱や設備配線配管工事が進行中です。建て主さんも現場に立ち会い、窓からの景色を確認中です。


190925b

道路側にある木塀の見え方を確認するため、現場にある木片を仮組し隙間を5㎝、3㎝、2㎝とピッチを変えながらみんなであれこれ相談中です。


業者やメーカーの言いなりはでなく。建て主さんも家づくりに参加し、ちょっとでも気になるところがあれば建て主、施工者、設計者が知恵を出し合い、自分らしい家を楽しみながらつくってゆく。こんなところが建築家との家づくりの良いところなのです。


190925c


大人たちを横目に、子供たちもしっかり現場を楽しんでいました。



«国分寺の家を訪ねました。

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ